検索エンジン一括登録代行<無料>
 http://touroku.s2mall.net

一括登録お申込の前に、初歩的な自己SEOでアクセス向上

検索エンジン一括登録代行<無料>

検索エンジン一括登録

├ 一括登録申請TOP
├ お申込の前に
├ ご利用案内・規約
├ 一括登録ご利用条件
├ 一括登録のお申込
├ 一括登録のFAQ
└ ご利用特典

有料のSEOサービス

└ 登録・SEOサービス一覧

無料のアクセスアップ

└ 無料アクセスUPツール

メルマガ一括投稿

└ メルマガ一括投稿・宣伝

アフィリエイト(無料)

└ 広告取得・ASP紹介

- お申込の前に -


ウェブサイトを検索エンジンに一括登録しても、SEO(検索エンジン最適化)がなされていないばかりに、その効果が半減するケースも多々あります。

以下は初歩的な自己SEOです。一括登録のお申込の前にご確認頂ければ幸いです。

検索エンジン最適化(SEO)

アクセスアップの一番手頃な方法は、検索エンジン対策です。
以下に初歩的なロボット型検索エンジンの対策を紹介しておきます。

尚、内容につきましては検索エンジンの進化と共に効力も変化し、以下の情報では対応していない場合もあります。

ロボット型検索エンジンの代表格Google(グーグル)の検索キーワード「SEO」など、最新の情報で検証・考察する事をおすすめします。

初歩的なロボット型検索エンジン対策

国内の主要検索エンジンでは、先に各検索エンジンにディレクトリ登録されているサイト情報、その次にGoogleに登録されているサイト情報を提供しています。(ハイブリッド型検索エンジンといいます)

そこでロボット型検索エンジンのGoogleやYahoo!のロボット型検索エンジン(YST)で上位表示される為の基礎を紹介しておきます。

これらの情報は最低限の自己SEO(検索エンジン最適化)ですので、是非おさえておきましょう。

検索エンジンにわかりやすいページ構成にする。 

●ページ内要因
テキストマッチングの最適化
検索したキーワードで、そのページ中に該当するテキスト文字の出現回数を最適化する。(Googleでは5%前後といわれています)

<b>〜</b>といった強調タグ内の文字が加点されるので、再考する。(過剰ですとマイナスにもなります)

キーワード選定は「googleキーワードアドバイス」を使うと便利です。

<title>タグを重視
固有名詞だけではなく補助テキストを挿入する。
※同じキーワードの重複や内容と異なるテキストの引用は逆効果です。
●、★、■などの記号は使わない。ページごとに変える。<body>タグと一貫性を持たせる。

メタタグは補助的に使う。
<META name="robots" content="all">
<META name="Keywords" content="キーワード,テキスト,・・・">
<META name="description" content="説明文・・・・">
などがそうですが、キーワードなどはスパム行為に悪用されやすい為、現在のロボット型検索エンジンでは、ほとんど考慮されていません。

唯一考慮されていた「検索エンジンGoo」もロボット型のGoogleの導入により考慮されなくなりました。

余分な構文はロボット(スパイダー)の読み取りの邪魔となりますので注意しましょう。

効果的なアンカーテキスト
アンカーテキストとは、
例)「googleキーワードアドバイス」をソース表示にした場合

<a href="https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal" target="_blank">「googleキーワードアドバイス」</a>

↑の「googleキーワードアドバイス」部分。
<A>●●●</A>の●●●部分です。

ロボット型エンジンでは、リンク先の内容とアンカーテキストのマッチングと関連性を重視します。

例えば上の例では「Googleキーワードアドバイスはコチラ」ではなく、「Googleキーワードアドバイスはコチラ」というようにリンクすると効果的になります。

<hx>タグを有効に使う
<hx>タグは文章の論理構成を示すタグで見出しになる為
<h1>〜<h3>とあった場合、<h1>タグに<title>と同じキーワードを入れることで関連性を高める事ができます。

基本的に<h1>タグは1ファイルに対して1つでそれ以上の使用はスパムになります。

<ul>タグ、<ol>タグを適切に使う
<ul>タグ、<ol>タグは箇条書きにする時に使うタグですが、検索エンジンでは重要なキーワードが含まれるはずという考えから、ここに表示されているキーワードも重視しています。

●ページ外要因
リンクポピュラリティ
リンクポピュラリティとは張られているリンクの数とその質を考慮して、そのウェブサイトの重要性を判断するという方法です。Googleでいうページランクがそれになります。

※ページランクを知る方法はGoogleツールバーをインストールする事ですぐに分ります。
基本的に被リンク数の多いサイト、重要なサイトからの被リンクの多いサイトが価値があがります。

ただし、ページランクは上位表示の評価要因の1つにすぎません。
ページランク自体は掲載順位判定の際の一番最後の要因になります。
キーワードのテキストマッチ、内容との関連性、キーワード周辺の言葉(キーワードプロクシミティ)との関連性などのほうが要因としては評価されます。

リンクレピュテーション
リンクを受ける際のアンカーテキストの内容と関連性のあるページを優先する。
例えば@「<無料>検索エンジン一括登録代行」とA「検索エンジン一括登録」でリンクを受けていた場合、「無料,検索エンジン,一括登録」で検索された場合の評価は@のほうが高くなるというもの。

以上のようなページ内要因とページ外要因の組み合わせでロボット型検索エンジンの上位表示は決定されます。
面倒でも時間のある時に少しずつ手を加えておきましょう。

管理人おすすめのSEO本
検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書
(送料無料)

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書
伝説とまで云われた2003年版からさらに改定された2008/最新のSEO本です。
前回をさらに上回る好評価。


付けたし

検索エンジンは独自性(オリジナリティ)、権威(オーソリティ)、歴史も重要視しています。

できるならば長期運営に備えてレンタルサーバー(もしくは自前サーバ)の独自ドメインでの運営が望ましいです。

独自ドメインを取得する際の注意点やレンタルサーバーを借りる際の注意点などはレンタルサーバー比較・独自ドメイン取得ナビにてご確認いただけます。

長期安定をお望みでしたら是非ご一考ください。

また、(内部要因の基本ですが)
各ページごとに200〜300文字程度の説明文(オリジナルテキスト)を入れることで、ユーザーとスパイダーにとって分りやすいページになります。

テーマを明確にしたサイト作りをしてユーザーの方にとっても、ロボット(スパイダー)にとっても分りやすくする事で、より多くの訪問者を迎える事ができるようになります。

その際、キーワード選定は「そのページを表す1語か2語の的確な言葉」を選びましょう。

最後に
過剰なSEOは今までの努力を無駄に捨ててしまう結果となります。

SEOは上記程度の適切で適度なものに抑え、サイト内容の充実・マメな運営を意識する事がもっとも重要である事を再認識しましょう。


TOPページ 前のページ 次のページ ご利用案内・規約
 サクっと万作まる得集 バイトル関東でイクミル 格安スマホおすすめ 合宿免許ココイコ